ブラックジャック

世界で最も普及台数の多いテーブルゲームがブラックジャックです。

ディーラーとの対戦形式で、21点を越えない範囲で点数に勝てば配当が得られるという簡単なゲームです。

点数は、絵札を10点、「A(エース)」を1点または11点として数え、カードを追加しながら点数を作っていきます。
21点を超えてしまうとバースト(Bust)となり、賭け金は没収されてしまいます。

そして、最初に配られる2枚のカードの組み合わせが「Aと10 または 絵札」であれば「ブラックジャック」といい、
特別ボーナス1.5倍(3 to 2)の配当が得られます。

【ルールの説明】
 
1. 先ず、各プレイヤーに2枚ずつカードが配られます。
  ディーラーにも2枚のカードが配られますが、1枚は伏せられています。
 
2. プレイヤーは、ディーラーの点数を予想しながら自分の点数を作り、最終的に
  ディーラーと点数を勝負して勝てば配当がもらえます。ただし、「21点」を超えて
  しまうと「バースト」となり、その場でチップとカードを回収されてしまいます。
 
3. プレイヤーは、「21点」を超えない限り何枚でもカードを追加することができます。
  カードを追加する場合を「ヒット」といい “軽くテーブルを叩きます”。
  逆にカードが いらない場合は 「スタンド(ステイ)」といい “手を横に軽く振りま
  す”。  
 
4. 全プレイヤーの点数が決まった後に、ディーラーは伏せていたカードをオープンし
  点数を開示します。
  この時、「16点以下」であれば更にカードを追加し、「17点以上」 になるまで手を
  止めることはできません。
  つまりディーラーは 「17点以上」になった時点でプレーヤーと勝負します。
 
5. ディーラーがバーストした場合は、プレイヤーの勝ちとなります。
  また、同点の場合は「プッシュ」といい、引き分けとなりチップはそのままです。