カジノ用語集(ア〜コ)

アール・エヌ・ジー
(RNG)

スロットやビデオポーカーなどのマシンゲームで、出現するシンボルや絵柄を決定するのに用いられる、無作為に番号の抽選を行うシステム。
「Random Number Generator」の略称。

アイ・イン・ザ・スカイ
(Eye in the sky)

ゲームテーブル上に設置されている監視用カメラのこと。ゲームをビデオに記録することでトラブル裁定時の証拠としたり、プレイヤーまたはディーラーの不正を監視する。

アウトサイド・ベット
(Outside Bet)

ルーレットで、直接数字には賭けず色や列などの数字のグループに対して賭ける方法。特徴としては、当たる確率が高い為当選確率は高いが、一度に大きな倍率の配当は得られない。  ⇔ インサイド・ベット

アクション
(Action)

様々なカジノゲームにおいて、プレイヤーが選択できる行動。
または「賭ける」行為。

アップ・カード
(Up Card)

表向きに配られたカード全般を指す言葉であるが、ブラックジャックではディーラーが1枚だけ見せている上のカードのことをいう。 ⇔ホール・カード

アンティ
(Ante)

特にポーカー系のゲームで用いられる「ゲームの参加料」を意味する。

イーブン・マネー
(Even Money)

ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時、ブラックジャック役が完成しているプレイヤーに対して発生するオプション。イーブンマネーを選択すればその時点で同額の配当が得られる。 別に配当が「1 to 1」の意味。

イーブンマネー・ベット
(Evenmoney Bet)

ルーレットなどで、勝つと賭け金と同額(イーブン)の配当が得られる賭けの種類。ルーレットでは、「赤/黒」、「奇数/偶数」、「前半/後半」の賭けを纏めてこう呼ぶ。

インサイド・ベット
(Inside Bet)

ルーレットで、直接数字の上や数字にまたがって賭ける方法。当選確率は総じて低いが、当たれば高配当を得られる。 ⇔アウトサイド・ベット

インシュアランス
(Insurance)

ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時にプレイヤーが賭ける保険。ディーラーにブラックジャックが完成した場合、通常の賭け金は没収されるが保険に対して2倍の配当がつく。それ以外の時は保険金を没収。

インディケード・カード
(Indicade Card)

カードの束の底に敷いて一番下のカードを見せないようにするためのカード。

ウィール
(Wheel)

ルーレットで当選番号を決める為の数字が割り振られた円盤。 大別して世界には3タイプのルーレットウィールがある。 その他にもビッグ6などで使われる大型の円盤や車輪も全てこう呼ばれる。

ウィール・オブ・フォーチュン
(Wheel of Fortune)

垂直に取り付けられた大きな円盤をディーラーが回し、その円盤の数字や絵柄のどの位置に止まるかを当てるゲーム。 「Big 6」、「Money Wheel」とも呼ばれる。

エプロン
(Apron)

レイアウト上から回収したチップを一時的に置いて整理するために使われるテーブルのスペース。 ルーレットでいうマッキングのエリア。

オール・イン
(All-In)

手持ちの賭け金を全てゲームに投じること。

オール・イン・ホールデム
(All-In Hold’em)

ポーカーのアレンジゲーム。ディーラーとのみ対戦するタイプのテキサスホールデムポーカー。

オフセット
(Offset)

壁段の意味。数枚のチップを階段状にずらして積むこと。 4枚以下で適用。

オリジナル・ベット
(Original Bet)

ゲーム開始時に置いた元の賭け金。例えばブラックジャックで、スプリットを行う場合はオリジナルベットと同額の賭け金を追加します。

オンラインカジノ
(Online-Casino)

インターネット上で行うカジノのこと。オンラインカジノの運営や開発もライセンス制となっている。

カード
(Cards)

いわゆる「トランプ」のことであるが、海外では「プレイングカード」とか単に「カード」と呼ぶ。カードは、52枚を1組とし、それぞれ4種のスーツ(柄)と13段階の数位がつけられている。

カード・カウンティング
(Card Counting)

ブラックジャックやライブポーカーなどのゲームで、既出のカードをカウントして残っているカードの推測しやすくする技法。これによりゲームを有利に進めることができる。

カジノ
(Casino)

カードやダイス、ルーレットやマシンを用いたギャンブルゲームを提供する施設。 またはそのゲームのこと。イタリア語の「Casa」に由来している。

カジノウォー
(Casino War)

カードゲームの一つ。ディーラーとプレイヤーで配られたカードの点数を競う。

カジノ・マネージャー
(Casino Manager)

カジノの最高責任者。カジノの全ての権限と責任を持つ。

カッティング
(Cutting)

チェンジや配当時などでチップを数えること。またその技法。 ドロップカット、サイジング、スプラッシュを組み合わせてカッティングする。

カッティング・カード
(Cutting Cards)

シャッフル後のカードの束にカットを入れるためのカード。

カラー・チェンジ
(Color Change)

低額チップを高額チップに両替すること。「カラーアップ」ともいう。

カリビアン・スタッド・ポーカー
(Caribbean Stud Poker)

アレンジポーカーの一種。5枚のカードでディーラーと勝負するポーカー。ANTEとその2倍のBETを要し、ディーラーがノットクオリファイであればBETには配当が支払われない。

キノ
(Keno)

1~80までの番号の中から無作為に選ばれる20個の数字を予想して賭けるゲーム。選択した数字と当選数字の一致数により配当額が異なる。

キャッシャー
(Casher)

カジノに設置されている両替所のこと。「メインケージ」とも呼ばれ、スロットマシン専用の両替所と区別される所もある。セキュリティ上、通常は出入口から一番遠い奥にあることが多い。

キャンセレーション法
(Cancellation System)

BETシステムの一つ。モンテカルロ法とも呼ばれ、決まった数列から賭け金の単位を割り出し、勝敗の結果に応じて数列を増やしたり削ったりするシステム。

クラップス
(Craps)

2個のダイスを使って行うゲーム。シューターがダイスを投げて「ポイント目」を作り、「7」の目を出す前に再度そのポイント目を出せれば勝ちとなるのが基本的なルール。

グランマーチンゲール法
(Grand Martingale System)

BETシステムの一つで、マーチンゲール法を更に積極的にしたもので、「損失額の2倍+1単位」を次回の賭け金とするシステム。

クレイジー4・ポーカー
(Crazy 4 Poker)

ポーカーのアレンジゲーム。プレイヤーに配られる5枚のカードのうち4枚のみを使ってディーラーと対戦するポーカー。

ゲーミング
(Gaming)

カジノのゲーム。またはギャンブルのこと。

コーナー・ベット
(Corner Bet)

ルーレットのインサイドベットの一つ。4つの数字に跨って賭けるもの。 配当は8 to 1。

ココモ法
(Cocomo System)

BETシステムの一つで、3倍以上の配当がある賭けに対して行うもので、形式的にはマーチンゲール法と同じシステム。

コミッション
(Commission)

ハウスがゲーム勝者の配当賞金から徴収する手数料。 ライブポーカーやバカラ、パイガオポーカーなどのゲームで課せられる。

コミュニティ・カード
(Community Card)

ポーカー系のゲームで参加者全員の共通となるカード。 テキサスホールデムやレットイットライドなどのゲームで用いられる。

コラム・ベット
(Column Bet)

ルーレットのアウトサイドベットの一つ。レイアウトの縦一列に3等分された12個一括りに賭けるもの。 配当は2 to 1。

コンプ
(Complimentary)

一定以上のゲームの賭け金もしくは時間で積算されたポイントを、飲食費や宿泊費の割引などでゲストに還元するサービス。