日本国内にカジノが?

オンラインカジノのポータルサイト「オンカジ」に興味ある記事がありました。
以下その記事の引用です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■空港活用協 設置を ナリタ戦略会議 最終会合で提言

成田空港と周辺の活性化策を官民で考える県の「グレードアップ『ナリタ』活用戦略会議」の最終会合が五日、千葉市内で開かれた。ビジネス・観光の目的地としての地域の魅力向上や、「成田空港活用協議会(仮称)」の設置を盛り込んだ提言をまとめた。

提言は、格安航空会社(LCC)の就航など成田空港の年間発着枠三十万回化の効果が表れていると評価し、「県内外と成田のスムーズな人・物の流れの強化」など新たな戦略を掲げた。

具体策として、(1)国際展示・会議の誘致(2)空港周辺への関連産業の集積(3)LCCや国内線の利用促進(4)検問の簡素化など空港入場者の快適性向上-などを挙げた。官民が連携して取り組みを進めるため、活用協議会を設けるべきだとした。

一方、過去の会合でも議題になったカジノの導入は強調されず、カジノを含めた統合リゾート施設の導入を検討するとされた。

会合後、森田健作知事は報道陣に「まずやるべきは、(空港アクセスのための)道路網の整備だ」と説明。空港の検問については「難しい問題。専門家らの意見も聞きながら、どこを厳しくし、どこが緩和できるか精査したい」と述べた。

戦略会議は県や周辺自治体、成田空港会社、経済界、交通事業者などが参加。昨年十二月から五回の会合を重ねた。

【2012年9月5日 東京新聞】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ、積極的に導入しようと言う感じではないみたいですね。
やはり今のところ、日本でカジノを楽しむためにはオンラインカジノしか無いという事ですね。

日本人ポーカープロ誕生!

こんにちは、ゴディエです。
直接オンラインゲーミングとは関係ないのですが、日本人の話題なので紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■木原プロ誕生 ポーカースターズとプロ契約へ
木原 直哉さんが正式にPokerStarsとプロ契約を結んだ。

WSOP2012 Event #34: Championの木原 直哉さんが、世界最大のオンラインポーカー
サイト「PokerStars」とプロ契約を交わしたと PokerStarsから正式に発表され、史上初の
日本人PokerStarsプロが誕生した。

WSOP優勝後、メディアや取材に「将来はポーカーの契約プロを目指す」と語っていたことが
現実となった。 ポーカースターズの「Team Online」プロになることで、ポーカースターズから
様々な恩恵を得ることができ、中でもレーキが無償となることが彼らにとって大きいようです。
更にビッグトーナメントへ参加する経費も支給される。 更なるご活躍を期待します。
主な戦績

・2012年 WSOP(World Series of Poker)Event #34      優勝   $512,029
・2012年 WSOP(World Series of Poker)Event #39      25位   $ 21,015
・2011年 WSOP(World Series of Poker)Championship   653位   $ 19,359
・2010年 WPT(World Poker Tour)Championship       64位   $ 19,310

日本人で初めてWorld Series of Pokerに優勝し、Gold Bracelet Winnerとなった。
東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。東京大学在学中には将棋部に所属しつつ、
バックギャモンのプレーヤーとしても活動。日本人初のPokerStars契約プロ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポーカーは「スキルゲーム」と言って、
プレーヤーの実力によって勝敗が決まるゲームです。
だからこそ、プロプレーヤーが存在するのでしょうね。

囲碁や将棋のプロと似た感じなのでしょうか?

オンラインポーカーがもっと日本国内で認知されれば
日本人のポーカープロが増えるかもしれませんね。

カジノ合法化の動き〜4

カジノ法案、今国会中に結論/WT、賛否・修正を議論

民主党の内閣部門会議(田村謙治座長)は17日、
「カジノ(IR・統合型リゾート)検討ワーキングチーム」(WT、田村座長)の設置を承認した。

具体的には、超党派のIR議連が所属党に提示した議員立法の
「特定複合観光施設区域の整備に促進に関する法律案(カジノ法案)」の賛否や修正の要否を議論する。
集中的に議論し、今臨時国会(12月9日まで)中に一定の結論を示す。

野田政権発足後、民主党の政策調査会は事実上、政府政策の事前審査・承認を行うシステムに変更。
そのためカジノ法案の是非は政調から付託を受けた内閣部門会議・WTが行う。

カジノWTが今後検討するのは、シンガポールなどでも導入事例がある、
レジャー、ビジネス、エンターテインメントにカジノを加えた、
統合型リゾート施設整備による民間主導の地域再開発の実現で、
最大のハードルになっている刑法の賭博罪を、競馬や競艇といった公営競技と同様に、
カジノ運営も適用除外とする方策のあり方。

また、既に議員立法として存在するカジノ法案に対し
当面はカジノ利用者を外国人に限定するなどの修正議論もする予定。

17日の会合で、「議論はカジノ導入が前提なのか」との指摘に対し、
日本へのカジノ推進論者でもある田村座長は
「個人的には推進論だが、今後の国民・党内世論の結果を見て判断したい」と答えた。

日本のカジノ解禁は、規制緩和や地域経済活性化の視点で、各地の首長が求めていたほか、
東日本大震災の被災地でも復興特区としてカジノを含む統合施設設置構想が出ていた。

【2011年11月18日 建設通信新聞】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カジノ解禁されてもしばらくは日本人は楽しめないかもしれないんでしょうか?
それでも前進していることに変わりはないですが・・・・

カジノ合法化の動き〜3

ようやく具体的な動きが出てきたようですが、
ちょっと時間がかかりすぎのような気もしますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

災害対策カジノ2WTを設置/カジノ立法化12年春結論/民主部門会議

民主党の内閣部門会議(田村謙治座長)は10日、
「災害対策」「民間事業者によるカジノ運営解禁」の2つのワーキングチーム(WT)を設置することを決めた。
来週にも両WTの人選を決める。

日本のカジノ解禁については、民主や自民など超党派による議連が発足し、
議員立法へ向けた法案要綱を作成していた。
野田政権発足後、政府提出法案含め、党政策調査会が事前に法案・政策論議と承認する仕組みを導入。
民主のカジノ解禁実現のための立法化の是非は、今後設置するカジノWTが議論し結論を出すことになる。

民間事業者が運営するカジノ解禁は、政府の行政刷新会議規制・制度改革分科会でも取り上げられた課題。
すでに超党派議連は、「特定複合施設区域の整備推進に関する法律案要綱案」を作成していた。

同要綱案は8日の民主政調役員会でも提示され、内閣部門会議でWTを設置し検討を進めることが決まった。

 今後設置するWTでは、半年程度かけ議論を進め、立法を含めた結論を出す予定。
WT設置の旗振り役の田村部門会議座長は、
「法案要綱を最初から審査してそのまま通すわけではない」とした上で、自ら議論に参画する考えを示した。

 カジノ解禁は地域経済活性化などの視点で従来から根強い実現要望があったが、
賭博を禁止する刑法に抵触するとして政府側から強い抵抗があった。

一方、田村座長は災害対策WTについても、
「今後の災害対策議論は重要で内閣部門会議で行う」とした。
国会の災害対策特別委員会で取り上げられる課題を中心に取り組む見通しだが、詳細は来週に決定する。

【2011年11月11日 建設通信新聞】

カジノ合法化の動き〜2

昨年9月の読売新聞オンラインに、以下のような記事がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2011年8月末に超党派の国会議員の集まり「国際観光産業振興議員連盟」(通称カジノ議連)が総会を開き、カジノ推進法案「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」をまとめ、今秋の臨時国会に議員立法で提出し成立を目指す構えをみせた。

カジノが構想から推進法案に急展開した背景

カジノに関する本格的な論議は、石原東京都知事による、1999年のお台場カジノ構想が始まりだ。
お台場構想はその後、断念されるに至ったが、2010年4月にカジノ議連が超党派の国会議員百数十名(古賀一成民主党衆議院議員が会長)で発足し、再び注目された。
しかし、政局の混迷や東日本大震災により一時中断を余儀なくされていた。

カジノ議連が描いているカジノリゾート構想は、当面2か所に開設、その効果を確認して段階的に最大10か所まで拡大するというものだ。候補地は東京・お台場や沖縄などが有力視されていたが、ここへきて宮城県仙台という案が急浮上した。カジノ収益の一部は国や地方自治体が納付金として徴収するのが基本だが、東日本大震災の復興財源に充てる案が背景にある。

さらにいえば、カジノ産業は震災復興、あるいは沖縄・普天間基地移転後の地域振興に留まらず、停滞する日本経済の起爆剤になる可能性も秘めているとの見方もある。

日本の国民はギャンブル好きといわれる。競馬、競輪、競艇、オートレースといった公営ギャンブルや宝くじはあるが、カジノは合法化されていない。日本のギャンブル市場は中央競馬が最大で2兆4,280億円と群を抜いているが、宝くじまでを含めると、市場規模は5兆3,640億円である。米国のカジノ市場全体とほぼ同程度と推測されている。また、ギャンブルとしては認定されていないが、パチンコの市場規模(貸し玉料)は20兆円近くある。日本において、カジノが成功する下地は十分あるといえよう。

カジノがもたらす経済効果はとても大きい

カジノは日本にとって新しい産業である。期待される経済効果は、消費拡大、雇用創出、税収増加、設備投資拡大、外国人観光客の増大などが予想される。
震災の復興の手段と考える場合、税金など国の資金ではなく、主に民間の資金である、ということが勘所である。

震災後、日本を訪れる外国人観光客の数が大きく落ち込んでいる(2010年861万人、2011年7月までの累計は前年比33%減)。福島原発問題の早期解決はもちろんだが、政府が取り組んでいる、訪日外国人観光客を将来的に3,000万人とする「ビジット・ジャパン」計画には、よほどの仕掛けが必要である。カジノ解禁はその有力なアイデアであり、外国人観光客数の回復・増加に貢献することは間違いの無いところと思われる。

カジノといえば、その起源とされる欧州よりも、今や代名詞と化した米国のラスベガスが有名だが、近年ではマカオを始めとするアジアが存在感を増している。マカオのカジノの歴史は古く、1847年にポルトガル政府がカジノを合法化したことに始まる。1999年に中国に返還された後、2002年にカジノ経営権の国債入札を実施、外国資本を取り入れた。その後、急成長を遂げ、2006年にはカジノ収入が一都市としては米国のラスベガスを抜いて、世界一になった。

マカオのカジノ収入は、世界一のカジノ都市となった2006年以降も順調に伸びている。2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックの影響を微塵も感じさせない高成長である。2011年には2,450億パタカ(約2兆4,500億円)に達する勢いである。

アジアではマカオの他、シンガポールも観光産業強化を図って、2005年にカジノを合法化した。2010年の2月と4月に開業した二つのホテルは、その年のうちにラスベガスのカジノ収入に迫り、2011年にはマカオに次ぐ世界第二のカジノ都市になろうとしている。

日本は(1)マカオに地理的に近く(マカオ~成田は航空機で4時間半)、競合関係になりうる、(2)治安の良さは世界的にイメージされており、外国人観光客の誘致には有利であろう。加えて、(3)国民自体が前に述べたとおりギャンブル好きであり、日本でもカジノが成功する要素は結構ある。

カジノは産業的にきわめて幅が広い

日本にカジノが解禁されたら、カジノ構想の目的から考えて、より経済効果が見込まれる、統合リゾート型となる可能性が高い。その関連分野はレジャー、アミューズメント業界にとどまらず、観光、防犯、外食、建設、設備、金融にまで及び、幅広い分野への波及効果が期待される。

カジノ解禁には、カジノがもたらすマイナス面への対応、対策が十分に配慮されることが必要である。ギャンブル依存症対策、青少年への影響など問題は山ほどある。国民レベルでの幅広い議論を要しよう。

カジノ解禁でもうひとつ気になる問題がパチンコ業界との関わりである。パチンコホールは全国に約12,500店舗(2010年末)存在し、日本のギャンブル市場の4倍近い業界である。しかし、結論を先に言えば、カジノリゾート構想はパチンコ業界にほとんど影響しない、といちよし経済研究所はみる。パチンコは日常的レジャー、カジノは今のところ最大10か所の統合リゾート型であって、非日常レジャーであるからだ。すみわけが可能なのである。

【2011年9月21日 読売新聞オンライン】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
経済波及効果はかなり大きいようですね。
震災からの復興も遅々として進んでないようなので、カジノ合法化の理由付けとしては十分な気がしますがどうなんでしょう。

カジノ合法化の動き〜1

昨年の8月、このような記事がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

超党派議連がカジノ法案を提出

日本でのカジノ合法化などを目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」(会長・古賀一成民主党衆院議員)は
24日、カジノを合法化し施行するための「カジノ区域整備推進法案」をまとめた。
25日に総会を開いて法案を正式決定し、各党の党内審査を経て今秋の臨時国会にも議員立法で提出する。

法案によると、国は地方自治体の申請に基づきカジノ施行地域を指定、
認可された民間事業者がカジノを運営する。
議連はカジノ施行地域について「当面2カ所、最大10カ所として段階的に進める」との方針で、
当面の施行地域には東京・お台場や宮城県仙台市、沖縄県などが挙がっている。

カジノで得られた収益の一部は国や地方自治体が納付金として徴収するが、
東日本大震災を受けて復興財源にも充てる方針だ。

カジノ議連は昨年4月、民主、自民、公明、みんな、国民新の各党が参加して発足。
外国人観光客誘致や地域振興を目的にカジノの合法化、施行を検討してきた。

【2011年8月24日 産経BIZ】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事から1年以上経っていますが、進捗状況はどうなんでしょうね。

気になるところです。

はじめに

こんにちは、管理人のゴディエです。

このブログでは、オンラインゲーミングサイトに関するニュースや
カジノ合法化に関するトピックなどについて書いて行きたいと思います。

やはりカジノ関連のニュースというと『カジノ合法化』だと思うのですが、
まずは、昨年からの動きを追ってみたいと思います。
まず、こんな記事がありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

“復興”カジノが仙台にできる!菅退陣にらみ加速

東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の被災地。
その復興策のひとつに「仙台カジノ構想」が浮上しているが、かなりの確度で実現しそうだ。
民主、自民、公明、国民新、みんなの各党で構成するカジノ議連が、
菅直人首相(64)の退陣を踏まえた上で、秋の臨時国会にも議員立法で法案を提出する。
米ラスベガス、中国マカオで成功し、経済波及効果は数千億円ともいわれるカジノ。
被災地では開設を望む署名運動も起きている。
3月11日、海岸から押し寄せた巨大津波が仙台空港(宮城県名取市)を飲み込む映像は、
いまなお強烈に脳裏に焼き付いている。その仙台空港の近郊にカジノを開設する動きが現実味を帯びてきた。
民主、自民、公明、国民新、みんなの各党の議員で組織する
超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(古賀一成会長、通称・カジノ議連)が積極的な働き掛けを行い、
秋の臨時国会に議員立法で法案を提出する準備を進めているというのだ。

カジノ議連は、これまで沖縄や東京・お台場での開設を目指してきたが、
「3・11」を契機に、東北復興の財源確保と観光活性化の起爆剤として白羽の矢を立てたのが仙台。
海外からのアクセスも考慮して、津波で被災した仙台空港近隣に開設するプランを練っている。
まさに「震災が、カジノ合法化に道を開く可能性が出てきた」(議連関係議員)というわけだ。

議連には民主党の鳩山由紀夫氏や自民党の麻生太郎氏など、首相経験者が名前を連ねているほか、
「次期首相候補に名前が挙がる前原誠司氏や小沢鋭仁氏などの有力議員も開設に前向きな姿勢を示している」(同)。
菅首相の退任を機に、超党派で成立に動く素地は整っている。

こうした永田町の動きに呼応するように、仙台空港近郊の名取市では、カジノ開設について、
すでに1万2000人規模の署名を集めるなど地元も歓迎ムードに包まれている。

そもそも、この構想が浮上した背景には、米国での、ある成功例が大きく関係しているという。
議連関係者がこう説明する。

「2005年にハリケーン・カトリーナがニューオーリンズを直撃し、同地は壊滅的な被害を受けた。
同地はもともとカジノが原則禁止で、ミシシッピー河の船上で例外的に認められていたにすぎなかった。
だが、この被害で方針を転換し、復興財源確保から陸上でのカジノ解禁に踏み切った」

そのニューオーリンズは、いまやラスベガスに次ぐ一大カジノ・リゾートに変わり、
「年間の売上高は500億円を超え、地元経済の活性化に寄与している」(先の関係者)。

候補地には、仙台空港近くの工場団地計画地が挙がり、カジノを中心にホテルやショッピングセンター、
エンターテインメント施設など総合的なリゾート施設が建設される予定。

「国の認可を受けて地方自治体がインフラを施行し、運営を民間事業会社に委託するPFI方式を採用。
収益金を民間、国、地方自治体に配分し、復興の財源にあてる」(自民党の議連関係者)

仙台が実現すれば、次はお台場、そして沖縄へとつながる。

「沖縄でカジノが開設すれば、米軍基地の負担軽減策にもなり、観光需要を喚起する起爆剤となる」(同)。
お台場の場合は、建築候補地が他に転用される期限が近づき、
合法化法案の成立を急がなければならない特殊な事情もあるという。

復興財源の確保のためにいきなり熱を帯びてきたカジノ構想。被災地のみならず、
低迷する日本経済の起爆剤としても注目されている。

【2011年7月23日 夕刊フジ】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

実際には実現していない訳ですが、今の不景気から抜け出すには
これくらいの手を打たないとダメな気がしますね。